介護士の早出業務の内容とは?

投稿者:

私が実際に経験した、早出業務の流れをお話しします。早出業務とは、日勤帯がくる前の時間帯、主に7時など早朝から出勤し、業務にあたります。

老健では7時から15時30分有料老人ホームでは7時から16時が早出の勤務時間でした。

どちらもまず朝食の介助を行いました。朝の時間帯は朝食の介助があるので、ほとんどの施設がその対応にあたることが多いのではないかと思います。

その後は入浴の介助に入ります。これは施設によって変わってくると思いますので私の経験上のお話をさせていただきます。老健では朝食の介助の後、特殊浴(機械浴)などの介助を行ったり、有料老人ホームでは個浴の介助に入りました。

私が勤めていた2施設に関しては、早出=入浴介助といった感じです。もちろん施設によって変わりますので、参考程度にして下さい。

あなたがなんらかの身体的理由で入浴介助が厳しい(きつい腰痛など)場合は、早出であっても入浴介助を外してもらえると思います。施設長などスタッフに相談しましょう。介助する側が、身体を壊してしまっては入居者様も危険です。例えば入浴介助中にぎっくり腰や激しい腰痛がでてしまっては非常に危ないです。こういう時は素直に外してもらいましょう。

入浴介助ができなくても、やれることはたくさんあります。フロアーの見守りであったり、レクリエーションを行うというところで貢献しましょう。

老健での早出の1日の流れを記載しますと、

7時~9時 出勤、朝食の介助、午前の入浴準備

9時~11時30分 午前の入浴介助

11時30分~12時30分 1時間の休憩

12時30分~15時30分 昼食の介助、午後の入浴

ざっくり書くと上記になります。

次に有料老人ホームでの早出の流れは

7時~9時 出勤、朝食の介助、午前の入浴準備(バイタル測定)

9時~11時 午前の入浴介助

11時~12時 1時間休憩

12時~16時 午後の入浴はなく、洗濯物、掃除、排泄介助など

上記のような流れでした。

介護士の早出は入浴介助にあたることになると思います。入浴介助は入居者様は衣類等つけていらっしゃらないので、注意して介助しましょう。また夏場は脱水に注意したり、冬場は風邪をひかないようにこころがけましょう。介助中はめちゃくちゃ汗をかくと思いますので介助する側が倒れないようにしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください