介護士の夜勤業務の内容とは?

投稿者:

私が実際に経験した、夜勤の業務内容をお話しします。

介護士の夜勤スタイルには夕方4時~5時から出勤し、翌日朝10時頃まで勤務する当直・明け・休みのスタイルと、夜中11時頃に出勤し、翌朝8時頃までの勤務のスタイルの2つがメジャーなようです。私は前者である当・明・休の夜勤を主にやっています。

夜勤業務の主な流れをご紹介します。

16時~17時 出勤、申し送りなどを受ける。体調不良者などの確認

17時~19時 夕食の介助、口腔ケアー、パジャマ更衣などのナイトケアー

20時 眠前薬の配薬介助

9時~ 巡視、オムツ交換

11時30分~ 巡視、オムツ交換

0時~ 2時間の休憩

2時~ 相方の夜勤者と休憩の交代、この間は相方の担当フロアーをフォローする。巡視なども行う。

4時~ 巡視およびオムツ交換など

6時~ モーニングケアー パジャマから普段着への更衣など

7時~9時 朝食の介助

9時~ 夜勤帯での出来事を日勤帯へ引き継ぐ申し送りを行ったり、朝の排泄介助

10時 退勤

私が経験した夜勤では上記のような流れでした。夜勤は主に夜間帯でのオムツ交換や安否確認が業務となります。

夜勤は入居者様の人数にもよると思いますが、職員が少ない時間帯です。転倒など怪我をされたり、発熱などの体調不良を訴えられた時に、対応することが求められます。私は老健勤務の時は看護スタッフが一緒に夜勤をしてくれていたので、とても心強かったです。看護師さんがいる場合はすぐに報告連絡を行いましょう。

看護師さんがいない場合は自己にて対応することになります。現在私が勤めているところでは夜勤は介護士二人だけなので、介護士だけで対応しなければなりません。この場合は緊急連絡時のマニュアルなどがあると思いますので、それに従います。私の施設ではすぐに施設長に連絡することになっています。

夜勤では巡視は特に重要になります。寝ているだろうと思ってスキップすると、万が一呼吸停止などの大きな事故を早期に発見できずに、大変なことになりますので、しっかりと巡視を行い、安否の確認をしましょう。

また尿量が多い方、少ない方もいらっしゃりますので、尿量の多い方は適度にオムツ交換を行いましょう。尿漏れ、尿汚染などのトラブルでシーツ交換が多くなることもしばしばあります。

徘徊される方も、寝ずにコールを何度も押される方もいらっしゃります。夜勤帯では何が起こるか身構えて普段よりも緊張して仕事をすると思います。そのため言葉使いなども荒くなりがちですが、どんな時でも丁寧な対応をしましょう。入居者様はあなたの言動などを見ていますので、適切な対応出なかった場合はご家族様や施設に伝わります。

夜勤は夜勤手当がつきます。私も夜勤が月に何回あるかで月収が大きく変わってくるのでたくさん入りたいって思うこともありましたが、夜勤はかなり身体に負担がかかる業務ですので、あまり無理はせずに入らせてもらいましょう。職員の数が少ないからといって月に何度も組み込まれると、あなたの体調を崩しかねませんので、しんどいときは素直にいいましょう。身体あっての仕事なので病気して、病院代がかかるとなんのために働いてるかわからなくなります。

ちなみに、この記事を書いている私の今月の夜勤回数は7回です。職員の数が少ないためです(苦笑)

どの勤務もそうですが、記録はしっかりと残しましょう。どのような言動を言っていたか、どのような行動をとっていたか、尿はちゃんとでているか、便はでているか など細かく記録を残すことで日勤帯に伝わります。何度もいいますが、記録は大事です。あたなの身を守ることにもなりますのでしっかりと記録は残していきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください