長谷川式って何?

投稿者:

介護の仕事をしていると、あの入居者さんの長谷川式は何点だろうだとか聞くことがあります。認知症があるのか簡易に判別できるスケールです。介護施設に勤めるとよく聞く単語ではありますので、覚えておいていいでしょう。

その内容ですが、30点中20点をとれれば、認知症ではなく、20点以下であれば認知症、というテストみたいなものです。私がとったことのある長谷川式は以下のものでした。施設によっては、介護士が執り行う事もあるかもしれませんので、長谷川式をとってと言われた時にとれるようにしておきましょう。

あなたの年齢はおいくつでしょうか?という質問をし、2年以内の誤差であれば正解となります。正解できれば1点です。

いまは、何年の(1点) 何月(1点) 何日(1点) 何曜日(1点)ですか?という質問をしてそれぞれ正解につき点数を加算していきます。大きな声でゆっくりと質問しましょう。

今いる場所はどこですか?と質問をし、自発的にでれば2点、家か、病院か、施設ですか、とヒントをだして正解すれば1点となります。

植物、動物、乗り物といった3つの言葉をこちらが先に言って、ご入居者さんに復唱して頂きます。あとでまたききますのでとお伝えしましょう。記憶力のテストです。復唱できたら各1点となります。(例:桜、猫、電車など)

100から7を引いた数字と、そこからさらに7を引いた数字を答えて頂きます。答えられたら各1点です。

職員が数字を言って、それを逆から言って頂きます。6-8-2を逆からいって2→8→6と答えられたら1点です。答えられたら次は4つの数字に挑戦して頂き、それも逆から言えたら正解でさらに1点です。

さきほど覚えてくださいといった3つの言葉を言って頂きます。自発的にでれば各2点加算し、ヒントをだして答えられたら1点です。

5つの品物をだして、記憶して頂き、隠して何があったか答えて頂く質問です。1つにつき1点の加算をします。5つは関連性のないものがいいです。すべて答えることができれば5点です。

最後に知っている野菜をできるだけ答えて頂きます。5個までは点数の加算はありませんが、6個目から1点を加算し、10個答えられたら5点加算されます。

上記が終わったら各点数を合計した点数を出します。20点以上あるかないかで認知症の程度を判別できる簡易なテストですが、ご入居者さんのその日の体調や、やる気とかで変動すると思います。たとえば入居した当日ですと移動でお疲れだと思うので、そんなのしたくない!と怒られる事もしばしばありますので、その場合は時間おいたり、日をあらためましょう。あくまで目安なので点数が低いからといって認知症だ!といった安易な決めつけはやめましょう。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください