有料老人ホームでノロウイルス集団感染 2人死亡

投稿者:

平成31年の13日から23日までの間に、入居していた52人のうち16人の高齢者が相次いでおう吐や下痢などの症状を訴え、このうち90代の女性と80代の男性の2人が今月22日に死亡したというニュースが本日報道されてました。

ノロウィルスは私の勤めていた施設でも、何度か発生してしまいその対応にあたったことがあります。ノロウィルスに感染した人は隔離されます。下痢や嘔吐などをしてしまい、その吐物からさらなる感染を引き起こしてしまうためです。

どの施設でもこういったウィルスの感染予防のための処置がとられており、手洗いですとか、マスクの着用ですか、感染しやすい時期になると着用が義務付けられていると思います。休日などには大型ショッピングモール、商店街などお出かけして買い物とかはすると思いますが、そういったところに病気を持っている人もいて、もらってしまい、そのまま施設に持ち込んでしまうパターンや面会にきたご家族さんが施設に持ち込んでしまうというパターンなどがありどうしても感染経路を完全にシャットダウンすることは難しいものです。

隔離されていても、介助にあたるのは職員の務めですので、感染された方を介助する際は吐物などを適切に処理するようにしましょう。 次亜塩素酸ナトリウム を含んだ消毒液を使い、吐物などを処理することになると思います。施設によって対応は若干違ってくると思いますが、自分の身を守るためにもしっかりとマスクや手袋の着用をするよう日頃から注意しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください